スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業合同説明会

私は某政令指定都市で従業員100人の中小企業で採用担当をやってます。

企業合同面接(合説)で10連敗とか「就活うつになりそうです」と訴える学生の方と何度もお会いしました。


優秀なのに地方の中小企業にまで「お祈り」される原因は。。。。


① 公務員試験を受けた(受ける予定)

    公務員希望者の離職率は非常に高いので、コレを見抜かれたらオワリ


② ここに来るまで実力とかけ離れた企業を受けた

    言う必要はないですが、必ず聞かれます
    また、それなりの大手企業を受けた方は合説にも「こなれ」てます。
    いわゆる「場慣れ」している学生は敬遠されがち。
    ウソでもいいから「最初からUターン志望」とか言い切る(でもバレます)


③ 終了近くに立ち寄る

    合説も参加企業ランクがあるので、だいたい自社がどの位のレベルと
    認識して参加しています。
    できれば会場と同時に並ぶか、事前エントリーするほうがベスト
    冷やかしに寄った学生は、ほとんど見抜かれます。

  

④ いつか転職しそうなオーラを放つ

    悲しいかな地方の中小企業、こんなトコだけ嗅覚が鋭い。
    過去に経験があるのでどこの担当者も敏感です。


まだまだありますが、今日のところはこの辺で。
逆読みすると素朴で純真な学生がウケるわけだ。


ハローワークが主催する合説は参加無料ですが、某社の合説は結構な金額です。
採用数も数名とか若干名とかの場合、採用一人当たり約100万円ほどかかるんです。
採用後の教育費用とかあるので、入社して1年くらいでバイバイされると大赤字。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Les feuilles mor

Author:Les feuilles mor
就職氷河期に仕方なく地元中小企業を受けるあなた!
無駄な時間を浪費しないでください。
赤裸々な事情を暴露します。
お楽しみに

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。