スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最悪、中小企業を選ぶポイント

2012卒の内定率がヤバい。

リ○ルートだの、地場のエージェントの担当営業来る来る。

しかし!
内定がとれず安易に下降志向に行ってはイケない。
ど~しても就職しなきゃイカンという状況なら下記の範囲で企業を選択しましょう。

1.社員の平均年齢が40歳以下
2.社員数(パート・非正規社員含め)30人以下。
3.できれば社長は40歳前後。
4.年商9億以下。
5.創業年数は10年以下。

これがワタシが見た中小零細と呼ばれる企業の中で「将来」が期待できるポイントだ。
現実にまだまだある。
HPで中途採用も盛んに行っている。
まずは訪問して会社の雰囲気を見てみなさい。

親みたいな上司がいたら嫌だろ?
やっぱ学生の延長でシゴトを覚えたいだろ?

乱暴な言い方だが、労使の関係は「自分の時間を会社に売る」って行為だ。
会社はできるだけ安く買いたい。
それがアナタが受けている日本の大手の会社だ。

夢や希望や「やりがい」は自分で創るしかない。
それほど昭和を引きずる会社が多いってことを見極めなさい。

それでもダメなら海外に留学するなり、アルバイトして旅人になる。


オレもあと20年若かったらなぁ、早く気付けばよかった。


参考になりましたか?
スポンサーサイト
プロフィール

Les feuilles mor

Author:Les feuilles mor
就職氷河期に仕方なく地元中小企業を受けるあなた!
無駄な時間を浪費しないでください。
赤裸々な事情を暴露します。
お楽しみに

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。